Global Business Curation - Global

TGMが注目する世界のニュース・コラム (世界情勢全般)

  

 

[TGM View]

今最も影響力のある経済学者の一人であるNouriel Roubiniから、世界経済に対する新たな警報です。昨年末から現在までの間、特にアメリカから発信・発表されるデータなどから経済状況は上向きになっていると考える人達が多いですが、こうした環境下でも欧州、アジア、米国、中東の4地域にそれぞれ大きなリスクが存在しそれがいつ悪影響を及ぼしてもおかしくない、と。 確かに特に欧州では、ドイツ経済も後退したことが地域の不安定さを象徴しています。

(Project Syndicate)

 

[TGM View]

新興国経済の成長は、これらの国々で「中流層」人口を押し上げている。これらの人々が新たに持った購買力はこれからの世界経済の発展のためには欠かせません。しかし、これを実現するためには「新中流層」の人々に対する人権保障、社会保障、表現や選択の自由を保障するなど、安心して生活できる環境がなければならない。こうした新興国の課題は、世界経済発展のための課題でもある、と提唱しています。 

(Project Syndicate)

 


 

  ● False dawns and public fury: the 1930s are not so far away - Financial Times

     現在の世界の(主にヨーロッパ)の政治や経済の状況は、1900代初頭のそれと重

     なる部分が多々あるとしています。100年前は、その後2つの世界大戦の間に大

     恐慌が起きました。この経験を活かし、同じことを繰り返すのを防がなければなり

     ませんが、現状は政治、経済、権力が向かっている方向は100年前と同じようで

     ある、と。ただの悲観主義的発想として片付けられないと思います。

 

  ● The economy’s ‘China Syndrome’ - Reuters

     China Syndrome、「中国症候群」という言葉をご存知ですか。ビジネスのグローバ

     ル化により、先進国社会で起きる収入格差や失業者の増加が広がることを問題

     視するものです。現在の形のグローバル化は、その恩恵はある一部の層が集中

     して得られる形になっているのはよく理解できます。その一部の層にとっては素晴

     らしいことでしょうが、これが継続・持続することはありません。新しいグローバル

     化の形を創りだす必要性を改めて実感します。

 

  ● It Is Safe to Resume Ignoring the Prophets of Doom ... Right? - NYT

     今や世界で最も有名な経済学者の一人であるNouriel Roubini。2005年時点で

     は彼のいう事(米国で不動産バブルが破裂する)は、極論として扱われ、誰も相

     手にしていませんでした。他にも同様の予測をしていた人も見な主流から外れた

     とされた人たちでした。だから主流にいる人達が言う事は当てにならないのでは

     なく、結局誰も正確に経済を予測できる人はいない、と述べています。

 

  ● Blaming Capitalism for Corporatism - Project Syndicate

     純粋な資本主義の営みがいつの間にか政府・権力の癒着に好意的なコーポラテ

     ィズムにその形を変えてしまって以来、システムは没落してしまった。今の形がこ

     のまま存続し続けることは考えにくい。インターネットのような自由でオープンな環

     境では既にそのような「不正」は通用しなくなっている。…と、かなり強烈な内容

     です。必読です。

 

  ● Made in the World - The New York Times

     雇用を創出することに関しては、今のビジネスリーダーと政治家との間ではまるで

     住む世界が違っているくらい「常識」が異なっている。政治家は国単位、国民単位

     で物事を測るが、今のビジネスの基準は世界。アウトソーシングという言葉も使わ

     れなくなるくらい全世界の人材、施設、資源、ノウハウを駆使している。政治家が

     この現実を受け入れ活動すれば、アメリカほど成長のチャンスがある国は他にな

     い、と。日本も同様だと思います。

 

  ● Taking Back Globalization - Project Syndicate

     これまで「グローバリゼーション」と称されていたいた活動は、結果として金融市場

     の不安定化や格差社会を作った原因の一つであることを真剣に考え、グローバ

     ル化の在り方を考え直す必要があるとしています。新しいグローバル化の形を創

     ることが今後必要となるのは間違いないでしょう。

 

  ● Outlook for global labour market worsens, ILO says - BBC

     ILO、国際労働機関によると、今年の世界の雇用状況は、昨年よりもさらに悪化す

     ると予測しているとのことです。新規の仕事をこの先10年で6億件創出することが

     緊急の課題だとしています。 世界の約11億人の人々が失業中もしくは貧困状態

     に直面しているそうです。その中でもアジアと南アメリカにおいては、雇用創出に

     貢献している、と。

 

  ● How the U.S. Lost Out on iPhone Work - The New York Times

     アップルのiPhoneは、世界的な支持を受ける大ヒットですが、その一方で開発や

     生産などはほとんどがアメリカ国外で行われていることから、 アメリカの雇用拡大

     に寄与していないとの批判もあります。長い記事ですが、いかにアップルがグロー

     バル化した経済を最大限利用してiPhoneを開発したか、そして事業をグローバル

     化しなければそれが達成できなかったかがよく分かります。

 

  ● Debt and deleveraging: Uneven progress on... - Mckinsey Global Institute

     マッキンゼーから世界の10の先進国の財政状況をまとめたレポートが発表されて

     います。それによると財政赤字は依然として増えており、景気回復の足かせにな

     っているようです。GDPに対する赤字の比率が減ったのは米国、韓国、オーストラ 

     リアの3か国のみだそうです。レポートはダウンロード可能です。ご参考まで。

 

  ● Momentum to drain from world economy in 2012: poll - Reuters

     ロイターが行った調査によると、2012年の世界経済は、昨年の調査の3.7%より

     下回るものの、全体で3.3%の成長を維持するとしています。中国が正解経済を

     引き続きけん引する形ですが、その他アジアやブラジルなどの新興国経済も回

     復・成長すると見込んでいます。欧州や米国等の先進国経済の成長は弱く、グロ

     ーバル化は急ピッチで進んでいます。

 

  ● Repairing the Global Plumbing - Project Syndicate

     現在世界のお金の流れは偏りが著しく、これが先進国で起きている問題の原因

     にもかかわらず、2008年のリーマンショック以降、抜本的な改善がなされないまま

     今日に至っているとしています。状況は大変難しいが、世界経済を活性化させる

     手は存在し、今からでもまだ間に合うとしていますが…。記載されている必要なア

     クションを見ると、現実的に可能なのかどうか…。

 

  ● Does Austerity Promote Economic Growth? - Project Syndicate

  ● The Big Winner of the Great Recession Is … - TIME

  ● Insatiable consumers are undermining democracy - Financial Times

  ● どんな業界、職種でも役に立つ基礎的な資質とは何か - President

  ● 「もはや友にはならぬ」米・中対立の先鋭化と北朝鮮 - President

  ● The Perils of 2012 - Project Syndicate

  ● Don't Think Different, Think About Different Things - HBR

  ● Skyscrapers 'linked with impending financial crashes' - BBC

  ● Why Economists are Rooting for Inflation - TIME

  ● 2012: The Year Of The Entrepreneur? - TIME

  ● A Historical Cycle Bodes Ill for the Markets - NYT

  ● It's a Man vs. Machine Recovery - Bloomberg

  ● Schadenfreude Capitalism - Project Syndicate

 

 

 

 

 

                サイトの利用条件    個人情報の扱いについて

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )