Global Business Curation - Europe

TGMが注目する世界のニュース・コラム (ヨーロッパ関連)

   

[TGM View] 

 スペインの失業率は全体で23.6%、若年層では50%を超えているとのこと。筆者によると、EUがこれまでの緊縮政策を進めてきたことがその原因だとしています。また、この期に及んでもドイツを中心とした緊縮政策の推進は、変わる気配を見せていません。今ヨーロッパでは経済難を原因とした自殺者が急増しているそうです。緊縮政策に関係あるどころか、それが直接的な理由になっている、と。

 失業率が23.6%で、回復する兆しが見えないどころか、さらなる悪化が予想される環境にいる人達、何とかならないものでしょうか。

(The New York Times)

 

[TGM View]

進行中の緊縮政策の影響で、ギリシャの次はポルトガルがデフォルトの危機にある、と報じています。需要が激減している中、競争力の弱い産業が多数を占めているのはギリシャと同様です。また、学歴や経験、それにスキルのある労働者は既に国外に出始めている、と。まさに金融危機のドミノ現象です。このままですと、大変な状況になってしまうかもしれません。 

(SPIEGEL Online)

 


 

  ● Pain Without Gain - The New York Times

     どのような政策を展開するにしろ、ギリシャ経済の混迷は防ぐことはできなかっ

     たかもしれないが、現状のようにヨーロッパ経済全体が後退してしまうような事

     態は展開する政策によって防ぐことはできた、としています。ヨーロッパのリーダ

     ー達が「正しいこと」として進める緊縮政策は、1930代の大恐慌の教訓が活か

     されていないことが立証されただけだそうです。緊縮の方向に向かわなかった

     日本とアメリカの長期金利は安定していますが、緊縮への圧力は両国とも強い

     のが現状です。

 

 

  ● Germany vs. the Rest of Europe - The New York Times

     意図的ではないにしろ、ここのところ続いているユーロ安の傾向はドイツ経済にポ

     ジティブな結果をもたらしています。近隣諸国が失業者の増加で苦しむ中、労働力

     の確保が重要な問題になっているのだとか。ドイツがこうした恩恵を受けることが

     面白くないと感じる国がある一方、ドイツはドイツで、他国の借金をカバーすること

     に嫌気が出始めているようです。これを見ても分かるように、ドイツと他のユーロ

     圏諸国との関係の雲行きが怪しくなりつつあると伝えています。現状では、当然そ

     うなるでしょう。

 

  ● In Greece, the Growing Shadow of the Dreaded Drachma - TIME

     ギリシャ内閣及び議会が財政緊縮関連法案を可決しましたが、ギリシャのEU諸国

     に対する不信感の増大はもとより、EU主要国もギリシャに対する不信感を強める

     情勢になっています。根本的な問題はこうした政策を実施してもギリシャの経済成

     長への道筋が見えないことです。借金はGDPの160%で膨大ですが、日本よりも

     ましです。日本の経済力はギリシャよりもはるかに大きいですが、昨今の国を代表

     する企業の決算報告を見ると…。成長の道筋が見えないのは同じかもしれません。

 

  ● Austerity under Attack - Project Syndicate

     EUサミットで合意された財政規律・緊縮政策に批判的な意見が多い。確かに緊縮

     政策を実施すれば需要は大幅に落ち込み、経済成長の見込みが立たなくなると

     いう考えもある。が、反対の減税政策をとることで、経済が活性化し、財政バラン

     スがよくなるかというと、アメリカを見ても分かるように決してそうではない。緊縮

     政策は長期的視野に立つとその効果が見込まれる、としています。もしケインズが

     これを聞いたら、「In the long-run, we are all dead.」とまた言うのかも…。

 

  ● The Greek Vise - The New York Times

     ギリシャがデフォルト回避のための支援受け入れの決定を延期したことで、ドイツ

     のメルケル首相とフランスのサルコジ大統領がそろって不快感を示したといったニ

     ュースが流れています。ギリシャがデフォルトすればその影響は当然欧州各国の

     みならず世界に影響を及ぼすのは分かりますが、この記事を読むと、ギリシャが

     決定を延期したことでただ不快感を示す人たちはいったいどういう人達なのかと

     思ってしまいます。

 

  ● Austerity vs. Europe - Project Syndicate

     今のヨーロッパの経済状況は、過去にあまり経験したことがなほど深刻な状況で

     あることを認識する必要があるとしています。こういう状況下で最も危険なのは、

     一般市民が政府や関係機関を信頼しなくなること。これを回避するには、緊縮策

     だけでなく経済を成長させる道筋をつけることが最も大切だとしています。尤もな

     意見ではないでしょうか。

 

  ● A deal, but to what end? - The Economist

     昨日のEUサミットで、新たに財政規律に関する内容が合意になりましたが、関係

     諸国の足並みがバラバラであることを上手くまとめています。財政規律を高めるの

     は経済が成長しているときは良いでしょうが、今のように成長の道筋が見えない

     時にそればかり気にしていたらどうなってしまうのでしょう。今回の合意を「形だ

     け」、「お飾り」と位置付けている関係者も多いとか。

 

  ● The Austerity Debacle - The New York Times

     イギリスのGDPの伸び率が1930年代の大恐慌のそれよりも回復時期が遅れてい

     る(いまだに回復兆しがない)結果が発表されたことを受け、イギリスおよびヨーロ

     ッパ諸国が進めている緊縮政策が間違いであることを指摘しています。GDPの統

     計についてはイタリアやスペインにも同じことが言えるとしています。このまま政策

     転換のないまま進めば、ヨーロッパ以外の国にも影響が出る、とも。

 

  ● Europe Can Beat This Crisis but Maybe Not the Next - Bloomberg

     今後のヨーロッパの展望について、4名の経済学者が討論した内容がまとめられ

     ています。意見は真っ二つに割れたようです。2名はヨーロッパはギリシャをはじ

     め、イタリアやポルトガルなどが国債をデフォルトすること間違いなしとする一方、

     他の2名は問題は必ず解決し、今後のヨーロッパはより結束した強い集団になる

     と。記事の著者は金融危機はともかく、政治面で解決を見ることはないと。悲観的

     です。

 

  ● Markets pare gains as Greek debt talks flounder - Reuters

     ギリシャの債務交換協議、また新たな局面を迎えています。民間側の提案をEU

     関係者が却下したとのことです。これでまたヨーロッパ株式及びユーロ為替は不

     安定な状況になります。当面はこうした状況が続くでしょうが、この協議が行きつ

     く先、決して良いものになるとは限りません。

 

  ● A Greek Default: It's a-Comin' - Business Week

     ギリシャ債務交換協議がなかなかスムーズに進んでいないようですが、協議の

     対象となる内容、参加者や参加国のもくろみがいかに複雑かを述べています。出

     される結果については、「建設的」な形でも、「無秩序」な形でも、結局はデフォル

     トにしかならないとしています。

 

  ● Italy approves sweeping reforms - BBC

     イタリアで改革が進める法案が採決されたそうです。タクシー業界の参入がしや

     すくなる、薬局で薬の販売に対する規制が緩和され、ビジネスに自由度が増す、

     などがその内容としています。一見地味な内容に見えるかもしれませんが、こうい

     うところから変えていく、変えていかなければならない状況なのだと感じます。

 

  ● ギリシャ債務交換協議、合意に近づいた可能性 - ロイター

     多少進展があったようですが、協議は難航しているとのことです。この協議に合

     意が見られなければ、ギリシャ国債のデフォルトは確実になりますが、これだけ世

     界が注目していることなので、何等かの合意に至るのではないかと思います。気

     を付けるべきは、あまり注目されていない小さな事柄の成り行きだと思っています。

 

  ● ギリシャ債務交換協議、再開後も進展見られず - ロイター

  ● Does Austerity Promote Economic Growth? - Project Syndicate

  ● ギリシャ債務交換協議は難航、デフォルト懸念強まる - ロイター

  ● How to Create a Depression - Project Syndicate

  ● ユーロ圏、今年マイナス成長の確率40%=S&Pアナリスト - ロイター

  ● ギリシャ政府との債務交換協議を中断=国際金融協会 - ロイター

  ● S&P、フランスなどユーロ圏9カ国を一斉格下げ - ロイター

  ● The Perils of 2012 - Project Syndicate

  ● The Perils of Europe’s Navel Gazing - Project Syndicate

  ● Europe’s Vicious Spirals - Project Syndicate

  ● The euro's fatal problem isn't spending - Fortune

  ● Hedge funds lock horns with IMF on Greek debt - Reuters

  ● ユーロ下落トレンド鮮明化… - ロイター

  ● Schadenfreude Capitalism - Project Syndicate

 

 



 

 

 

                サイトの利用条件    個人情報の扱いについて

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )