やはり、気になる?

アメリカ大統領選挙及び議会選挙が明日アメリカで行われます。投票できる人は当然アメリカ国民だけですが、その結果が世界情勢に大きな影響を及ぼすことになるので、世界中が注目しています。

 

東京市場では、オバマ大統領が再選することを織り込んだ動きが出ているようですが、果たしてどうなのでしょう。(関係記事)今朝もネットに掲載されている世界の様々なニュース・コラムを見ましたが、その内容といったら訳が分からなくなるくらい様々な見解があります。

 

 

次の「世界で一番強い人」はどちらになる?
次の「世界で一番強い人」はどちらになる?

 

オバマ大統領が再選した方が経済にとってプラスになるという記事もあれば、ロムニー候補が勝たなければ経済は好転しないというものもありました。また、どちらが勝っても経済は好転するという記事もあれば、どちらが勝っても経済は厳しい状態になるといった内容の記事もありました。挙句の果てには、何が起きようが世界経済は奈落の底に落ちる道を進んでおり、もう誰も止められないという見解さえ飛び交っています。全ての情報の出所は世界的に知名度のある情報メディアですが、これだけ正反対の意見が飛び交っている状態は、コメディー映画の1シーンのようにさえ見えてしまいます。

 

しかし、今回の選挙の結果で何らかの影響を受ける我々にとって、こうした状態をただ笑って傍観するだけではダメでしょう。ましてやグローバル化を進める企業・組織にとっては、矛盾する情報を確実に見分け、判断する術を持っていなくてはなりません。当然これは今回の選挙に関する情報だけでなく、ビジネスに関わるあらゆる情報についても同様です。

 

世界各地で起きている情報を「質、スピード、量」が伴った形で得るには、日本語の情報源だけでは限界があります。(日本語の国際ニュースは、特にスピードに大きな問題あり。) ローカルの言語が全て分かればそれが一番良いでしょうが、それが現実的でなければやはり英語で情報を取集し、解析し、判断するスキルが必要です。

 

英語ができれば問題ないかと言われれば、決してそうではありません。逆に、英語ができるだけではビジネスのグローバル化は成功しません。だから尚更、ビジネス英語スキルの習得の段階で挫折したり、つまずいてしまったりすることが無いようにしたいものです。

 

(おわり)

 

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )