成功パターン

最近ブログが長くなりがちなので、短めのを一つ…。

 

 

昨夜放映された『ガイヤの夜明け』という番組の中で、家電量販店コジマの社長が話された言葉が大変印象に残りましたので、ご紹介します。

 

業績が思うように伸びず、結果としてライバル会社に吸収されることになったわけですが、その理由について聞かれた際、こう言われました。

 

「成功パターンを引きずって、立て直しが遅れた…」

 

 

不変の勝利の方程式は存在する?
不変の勝利の方程式は存在する?

 

ライバル会社の動向や顧客の嗜好の変化、また新たな法律の制定による販売環境の変化(規制が取り払われこれまでよりも大きな規模の店舗の設立が可能になった)など、業界を取り巻く環境が大きく変化していたのにも関わらず、それに対応することを怠ったことが原因だと話されていました。

 

周りがどう変わろうとも、これまで上手くいっていたことを行っていればよい。自分たちには誰にも負けない「成功パターン」があるから関係ない。一度そう信じてしまうと、誰でも動きが鈍くなってしまいます。やや、これはまずい、と思った時にはもう手遅れです。動きが鈍くなってしまった組織を立て直すのは、並大抵のことではありません。

 

上のお話、1つの企業の話としてだけでなく、1つの国や地域の経済を見る上でも同じことが言えると思います。昨日ブログでお伝えした内容にも、つながっている部分があるのではないでしょうか。

 

(おわり)

 

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )