2つ目の立場

では、2つ目の立場は何だったかといいますと、英語が母国語の国(私の場合はアメリカでした)の会社に所属し、提供する商品を国際的に展開する立場でした。

 

別の見方をすれば、前回のブログでご紹介しました1つ目の立場で、ビジネスのやり取りをする相手の立場になった、といえるでしょうか。

 

2つ目の立場に置かれた際は、その役割上、世界中の人たちとコミュニケーションをとる機会を持つことができました。使う言語は英語でしたが、同じ内容に対しても、相手によって様々な伝え方、伝わり方があるものだということを、実務を通して経験することができました。

 

この立場で見えたことは、これです。

 

「情報はシンプルが一番。 情報のシンプル化は、能力よりも勇気。」

 

伝える情報は、その内容がシンプルであればあるほど伝わりやすくなります。これは、世界中のどの人に対しても言える事です。どんなに複雑な情報でも、それをいかにシンプルにするかがコミュニケーションを成功させるポイントになります。

 

 

なるほど… で、 どっちに行けばいいんだい?
なるほど… で、 どっちに行けばいいんだい?

 

そうだとすると、情報をシンプルにするための能力(スキル)が必要だと思われるかもしれませんが、大半の場合そんな必要はありません。本当に複雑な情報など、めったに存在するものではないからです。その反対に本当はシンプルなのだけど、それを複雑にしようとする気持ちは全ての人の中に存在しますが…。 (他の人よりも複雑な情報を扱えば扱うほど、自分は人よりも優れていると思ってしまうのが人間心理ですよね。)

 

情報をシンプルにするのに必要なのは、複雑にしたい(自分を賢く見せたい)と思う自分に克つ勇気です。いくら自分が「賢く」なっても、そのお陰で仕事が進まなくなってしまうのでは意味がありません。逆に、小学生でも分かる言葉しか使わない環境でも、行う仕事がどんどん進めば、そこにいる全ての人が「賢く」見えませんか?

 

この2つ目の立場を経験することにより、コミュニケーションを成功させる上での本当の「賢さ」とは何かを理解することができました。

 

この次は最後の3つ目の立場についてお話しします。 (次回につづく)

 

(Part 1) (Part 2) (Part 3) (Part 4) (Part 5)

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )