1つ目の立場

1つ目の立場がどんなものだったかいいますと…。それは日本の会社に所属し、会社の事業を進めるべく国外の企業や人々とプロジェクトを進める立場でした。今、日本にいて、「海外事業部」などに所属され、国際ビジネスを担当している方々を同じ立場といってよいでしょう。

 

この時私のビジネス相手だったのはほとんどが欧米の人たちでしたので、英語がネイティブ、若しくはそれに近い人たちとやり取りを頻繁にしていたことになります。

 

この立場で見えたことは、これです。

 

「英語がネイティブだからといって、その人が英語を使ったコミュニケーションを上手にできるわけではない。」

 

コミュニケーションスキルとは、自分が伝えたいことを相手に確実に伝え、相手が伝えたいことを確実に理解するスキルです。我々日本人は、ネイティブの人たちに対して、自分の母国語を使っているのだから、これができて当然だろうと思い込んでしまいがちですが、決してそうではないのです。(その理由は色々ありますが、今回のブログのお題から逸れてしまうので、ここではこれらについてのお話しはしません。興味のある方は、ご連絡ください。)

 

 

とにかく、きれいで正しい英語を使う人でも、コミュニケーションをとるのが下手な人はたくさんいる、ということなのです。

 

コミュニケーションが上手く取れない人でよくあるパターンは、専門用語や略語を多用する人です。私の経験ではこういう人に限って…

 

  1.その専門分野についてそれ程詳しくない。若しくは、

  2.その専門分野と実際に進めているビジネス活動とが、どのように関連しているのかよく分かっていない

 

本当にその分野に精通している人は、小学生でも分かるような言葉を使って話をします。専門のことについてそれ程詳しくない人に分かってもらうには、そうすることが一番効果的ですから。(これは英語だけに限らず、他の言葉でもそうですね…。)

 

 

まぁそんなわけで、1つ目の立場を経験したことによって、語学スキルとコミュニケーションスキルは全く関係ないわけではありませんが、別物なのだということが分かった次第です。

 

この次は2つ目の立場で見えたことについてお話しします。 (次回に続く)

 

(Part 1) (Part 2) (Part 3) (Part 4) (Part 5)

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )