3つの立場で見えたこと

トレースグローブマネジメントが提供するサービスについて色々な方々とお話しさせて頂くと、時々このようなご指摘を受けることがあります。

 

 

相談者Aさん: 「英語を使って行う仕事を確実に進める『実務英語』を身につけるのに、

          語学力の有無はあまり重要ではないとのことですが…」

 

トレースグローブ: 「はい、その通りです。」

 

相談者Aさん: 「英語ができる人にそう言われても・・・。 あまり説得力がないよねぇ~」

 

 

うーん、なるほど。 確かにおっしゃる通りかもしれませんね。

 

英語ができて、国際ビジネスの経験がある人間に、「語学力は重要じゃないですよ」と言われても、すんなり「ああ、そうなんだ」と思うよりも、「そりゃ、あんたはそう言えるんだろうけれど…」と感じる方が自然かもしれません。

 

 

  

そんなとき、なぜ私がそうお伝えできるようなったかを説明させて頂くと、大半の方は納得して頂けます。これについて一度に書くと長くなってしまうので、これから何回かに分けて、お話ししようと思います。

 

別に難しい話でも何でもありません。私が「実務英語」の習得と語学力の有る無しに関連性があまりないと気づいたのは、これまで様々な環境で仕事を進める経験を持つことができたから、ただそれだけなのです。  

 

今「様々な環境」といいましたが、ざっくりと3つの環境・立場に分けられます。次回はその1つ目の立場で体験したことをご紹介します。 (次回に続く)

 

(Part 1) (Part 2) (Part 3) (Part 4) (Part 5)

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )