全てが変わった日

今日(6月4日)は世間一般では、23年前に中国で天安門事件が起きた日ということになっています。私もアメリカに住んでいたとき、事件が起きた日に実際にその場に居て全てを目撃した人から話をを聞いたことがあります。大変多くの犠牲者が出たこの事件は、決して忘れてはなりません。またこれから先、同じようなことが起きることがないように、我々一人一人が肝に銘じる必要があると思います。 

 

 

                     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

実はこの6月4日という日は、これとは全く関係のない、個人的に非常に大きな意味を持つ記念日なのです。1984年の6月4日のことですので、天安門事件よりも5年も前の出来事です。

 

28年前の今日、地元愛知の中学を卒業して間もない私は、サンフランシスコに向かうジャンボジェットに乗り込みました。父親の仕事の関係でアメリカに引っ越すことになったからでした。生まれて初めて乗る国際線は、旅行ではなく移住するためでした。

 

 

 

 

あの日を境に、高校、大学、大学院、そして社会人として、のべ十数年間を日本の外で生活することになりました。今振り返ってみると、全ては28年前のあの日から始まったという思いが強いです。

 

6月4日という日は私にとって、今の自分の原点の日であると同時に、全てが「ふつう」でなくなった日でもあります。毎年この日は色々な思いがよぎりますが、初心に帰るといいますか、気持ちをリセットさせてくれる日でもあります。

 

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )