小さな別世界

私は奥さんと一緒によく近所を散歩します。運動不足の解消や気分転換がその主な目的です。特に綿密な計画を組むこともなく、ちょっと散歩しようか、とどちらかが誘い、出かけます。散歩中色々話しながら歩くこともあれば、ただ黙々と歩くこともあります。わざと少し遠くにあるスーパーに歩いて行くことにして、私が荷物持ちの手伝いをすることもあります。

 

東京に住む人間なので、周りに豊かな自然環境がある訳ではありませんが、それでも時々視界に入ってくる木々や花々や、風の匂いなどを感じながら季節の変化を知ることもできます。また、特に決まったコースを歩かないので、これまで知らなかったお店を発見したり、ちょっとした「スポット」を見つけたりすることもあります。

 

 

 

 

先日もいつもの通り二人でふらっと出かけました。家を出て5分も経たないところで、東京では珍しく背の高い大きな木々がある、人気の少ない静かな森のような「スポット」があることに気づきました。気づいたと書いたのは、そこはこれまで何度も通った場所だったからです。小さなベンチがいくつかあり、「森」のなかで座ってくつろげるようになっていました。

 

散歩から帰ってそのことを奥さんに話したら、奥さんはだいぶ前から気づいていたとのことでした。考え事するにはよさそうな場所だから、今度行ってみたら?と勧められました。

 

はい、そうすることにします。今度そこでコーヒーを片手にぽつんと座ってみます。

 

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )