ちょっとした自慢

世の中には芸術的センスを持った人がいます。そういう人は自分の作品を通し、人の心を動かしたり、言葉では表現しにくいメッセージやストーリーを見事に伝えたりすることができます。なぜそんなことができるのでしょうか。感性が豊かだからなのか、天性なのか、それとも地道な訓練によるものなのか分かりませんが、そういう技を持つ人を本当にすばらしいと思います。

 

残念ながら自分にはそういう特性のかけらもないのですが、私の義妹にはそれがあります。これが今回のブログのテーマ、私のちょっとした自慢です。

 

その昔、写真を専門的に勉強するために学校に通っていたそうなので、技術的な腕は確かということになるのでしょうが、それだけで片づけられない何かがあるように思います。彼女がシェアしてくれる写真の中には、思わず見入ってしまうものがたくさんあります。

 

 

幻想的で力強く、引き込まれます。例える内容が古くて申し訳ないけれど、Pink Floyd (ピンク フロイド)のアルバムのジャケットになりそうな…。
幻想的で力強く、引き込まれます。例える内容が古くて申し訳ないけれど、Pink Floyd (ピンク フロイド)のアルバムのジャケットになりそうな…。

   


上の2枚、それぞれ何かの物語の1シーンを見ているような気持になります。

 

 

このような技を持つ人が自分の親族にいることを、義兄として誇りに思う次第です。

 

彼女にはこのホームページで写真を載せることを了承してもらっていますので、また折を見て紹介したいと思います。

 

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )