Q6. 自分のビジネスの顧客、取引先は全て国内だから

    グローバル化は関係ないように思うけど、どうかな?

   

Answer :

 

 いくら世間で「グローバル化」の必要性が騒がれていても、自身のビジネスが海外の顧客や取引先と関わりがない環境であれば、いくらグロバール化が必要だ、早く対応しなければ、と言われてもピンとこないでしょう。ましてやこのような呼びかけを自分のこととして受け止め、何らかの策を打つことはできないのではないでしょうか。

 

 このような国内企業にとって、これから先もグローバル化の流れは自身のビジネスを運営する上で関係のない事かというと、必ずしもそうは言い切れません。自分の周りの環境に関係なく、今後日本という国全体を取り巻くビジネス環境は、様々な形でグローバル化が進み、浸透していくことは間違いないからです。

 

 グローバル化に対応する必要があるのは、海外に進出する企業だけであると思われがちですが、決してそうではありません。これからは国内市場のみを対象としている企業も同様に、グローバル化への準備・対応が必要となります。

 

 これはどういうことなのか、少し考えてみましょう。

 

 まず、グローバル化が進む事を別の言い方で表現すると、国際間のヒト、モノ、カネの流れが緩和され、これらが今よりも行き来しやすくなる環境に変わる、ということになります。 国際間のヒト、モノ、カネの流れが活発になるのは、当然日本から海外への流れだけでなく、海外から日本への流れもです。ですから、日本国内でビジネスを運営していても、グローバル化による海外からの影響は、何等かの形で必ず起きます。

 

 どのような影響があるかは、業界ごとに異なるでしょう。例えば、ある業界では対象となる顧客が増える、取引先が増えるといった、ビジネスの成長を手助けする形で現れるかもしれませんし、他の業界では、競合相手が増え競争が激しくなる形で影響が出るかもしれません。又、自分のビジネスに投資・融資してくれる対象が増える形で顕在化されるかもしれません。

 

  どのような影響があるにしろ、国内でビジネスを営む企業においても、グローバル化の影響は出ますし、それぞれに適した対応をしなければならない状態になるのは間違いないでしょう。

 

  

 

 

<< 前に戻る               次に進む>>

 

 

ビジネスのグローバル化Q&A メニューに戻る

 

 

 

   

                サイトの利用条件    個人情報の扱いについて

 

ブログ:Anything Goes 掲載中  

反響が大きかったブログを厳選しました!

情報収集の場として活用ください。

トレースグローブマネジメントの

facebook ページです。(ロゴをクリック)

  最近のつぶやきから…

   ( twilog へ移動 )